"社会的孤立(Social isolation)"や"孤独感(Loneliness)"は近年、小児から高齢者まで、幅広い年代の人々の健康状態に強い影響を与える重要な要素と考えられるようになった。孤立や孤独が、抑うつや依存症などの精神疾患と深く関わることは想像に難くないが、認知症や心疾患、さらには早期死亡のリスクを高めるというデータが次々に報告されている。高齢人口が増え続ける先進諸国では、孤独は今や1つの社会問題として対策が急がれている。