日本では、社会の高齢化に伴い、認知症患者数が増加の一途をたどっている。2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると推定されている。今は家族も自分も元気だが、「もしも認知症になったらどうすればよいだろう」と、不安を抱く読者も多いのではないだろうか。そのような場合に、身近な医療者として薬剤師が頼りになるかもしれない。