世界でも例を見ないスピードで超高齢化が進む日本。それに伴い認知症患者は増え、近い将来、65歳以上の5人に1人が認知症の時代がやってくるとの推計もある。そのため、認知症対策は国を挙げて講じるべき重要課題とされている。もし自分自身や家族が認知症になったらどのような治療をするのか、認知症の研究はどこまで進んでいるのかなどについて知っておいて損はない。