名古屋大学大学院神経内科学教授の勝野雅央氏らは、健康診断の受診者を対象に日本人の一般人口におけるレビー小体病〔パーキンソン病(PD)とレビー小体型認知症(DLB)〕の前駆症状(病気の前兆として現れる症状)の保有率を調査。自覚症状のない50歳以上の健診受診者の5.7%に2つ以上の前駆症状を有する高リスク者が存在することを見いだしたとJ Neurol(2020年2月7日オンライン版)に報告した。