既婚女性は、未婚女性よりも自然閉経を迎える時期が遅い傾向にある。英国の研究グループは、米国で行われている閉経移行期の女性を対象とした研究SWAN(Study of Women's Health Across the Nation)のデータを解析。その結果、セックスレス(性的活動が月1回未満)の女性は、性的に活発(同週1回以上)な女性に比べて、早期に閉経を迎えるリスクが高いことが明らかになった。性的活動には、セックス、オーラルセックス、愛撫、自慰が含まれる。詳細は、R Soc Open Sci2020; 7: 191020)に掲載されている。