スマートフォンのアプリは、さまざまな場面で利用され、その利便性は広く知られているが、リハビリテーションにも有効活用できるかもしれない。ノルウェー・Oslo Metropolitan UniversityのPernille Lunde氏らは、アプリを用いてリハビリテーションを行うことが、結果に寄与するかについての検討を行い、European Journal of Preventive Cardiology2020年2月28日オンライン版)に報告した。