食物繊維の摂取が健康に良いことは知られている。この度、国立がん研究センターの研究者らが、日本人約9万人を対象に食物繊維の摂取量と死亡リスクの関係を検討した結果を、医学専門誌Am J Clin Nutr2020年1月28日オンライン版)に報告した。それによると、特に豆類、野菜類、果物類由来の食物繊維の摂取量が多い人ほど、全ての死因による死亡リスクは低下することが分かったという。