少量(30μL)の血液から認知症のリスクの診断を可能にする4種類のペプチド(蛋白質を構成するアミノ酸が2つ以上結合した物質)を発見したと、岡山大学大学院とプロトセラの共同研究グループが J Alzheimers Dis2020; 73: 217-227)に発表した。