メニューを開く 検索

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  脳と心臓の専門医が連携―脳梗塞の再発予防

疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」一覧

脳と心臓の専門医が連携―脳梗塞の再発予防

 2023年10月27日 15:09

イメージ画像

生活習慣の改善(下段)と診療レベル(左側)に応じた脳梗塞の予防・治療(カラー)

 脳梗塞は脳の血管が突然詰まる病気で、片側の手足がまひしたり、意識を失ったりする。詰まった血管に対する治療法が進歩し、死亡や後遺症に至る割合は近年低下しているが、再発率は下げ止まっている。再発予防の新たな取り組みをしている香川県立中央病院(高松市)脳神経外科の市川智継診療科長に話を聞いた。

▽原因は高血圧、不整脈

 脳梗塞にはいくつかのタイプがあるが、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が原因となるタイプが全体の6~7割を占める。高血圧や脂質異常症が長期に続くことで動脈硬化が進み、血管の内部が狭くなる。さらに、血管の壁が損傷するなどして血の塊(血栓)が付くと、血管が詰まってしまう。

 一方、脳梗塞の2~3割は心臓病が原因で発症する。最も多いのは、心房細動と呼ばれる不整脈だ。「心臓の鼓動が不規則になると、心臓内で血流がよどんで、血が固まりやすくなり、血栓が脳に運ばれて血管を詰まらせます」

 脳梗塞は再発率が5年間で34%、10年間で50%と再発しやすい。予防には、生活習慣病の治療に加え、血液を固まりにくくする抗血栓薬が処方されている。

▽急性期から治療

 同院は2022年2月、心臓病由来の脳梗塞再発の減少を目指し、発症して間もない急性期から治療を始める体制を整えた。脳外科と心臓を専門とする循環器内科が連携し、原因となった心臓の病気を早期に突き止めて専門的な治療をする。国内でも先進的な取り組みだという。

 脳梗塞で脳外科に入院した患者のうち、心臓が原因と疑われる全ての人に循環器内科医が精密検査を行う。例えば、心房細動が見つかれば、カテーテルと呼ばれる細い管を介して心房細動の発生源を治療する。治療を終えた患者は、リハビリテーション病院や近隣の診療所に転院し、一般的な再発予防策を続ける。

 「脳梗塞の再発予防では、生活習慣の指導から心臓カテーテル治療のような高度医療までさまざまなレベルを、医療機関がそれぞれの機能に応じて分担しています。急性期の『脳心連携』が、高度医療を提供する各地の病院に広がることが期待されます」と市川科長は話している。

(メディカルトリビューン=時事)

   ◇   ◇

 香川県立中央病院の所在地 〒760―8557 高松市朝日町1の2の1 電話087(811)3333

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  脳と心臓の専門医が連携―脳梗塞の再発予防