メニューを開く 検索

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  難聴高齢者の7割が受診希望せず

疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」一覧

難聴高齢者の7割が受診希望せず

 2023年11月27日 15:23

イメージ画像

 「加齢性難聴」が疑われる高齢者の約7割が診察を希望しないと、東京都健康長寿医療センター研究所の研究グループが発表した。

 研究グループは、2022年に群馬県草津町で行った健康調査に参加し、聴力を測定した75歳以上の高齢者385人のデータを基に、難聴の自覚(主観的難聴)や聴力の不調に対する診察希望の有無を調べた。

 その結果、中等度以上の難聴は144人(37.4%)に認められた。そのうち、聴力の不調に関して診察を希望する、または既に受診したことがある人は43人(29.9%)にとどまり、多くは受診を希望しないことが分かった。

 また、難聴があっても自覚症状がない人ほど、受診の意向は低かった。研究グループは「当然の結果とも言えるが、難聴の自覚を持ってもらうことの必要性を示している。定期的な聞こえのチェックを通じた受診勧奨システムが必要」とコメントしている。(メディカルトリビューン=時事)

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  難聴高齢者の7割が受診希望せず