メニューを開く 検索

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  抗リウマチ薬、半減しても有効―併用治療の投与量

疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」一覧

抗リウマチ薬、半減しても有効―併用治療の投与量

 2023年12月07日 08:00

イメージ画像

© Adobe Stock ※画像はイメージです

 関節リウマチ(RA)の治療で、抗リウマチ薬として使われる基本薬「メトトレキサート(MTX)」と生物学的製剤の2剤を併用した場合、MTXの量を半分に減らしても有効性は変わらなかったと、慶応大などの研究グループが発表した。

 関節の腫れや痛みを伴うRAはまずMTXで治療し、効果が得られない場合はTNFと呼ばれる物質を阻害する生物学的製剤を追加する。しかし、2剤併用時のMTXの適正用量は明らかでない。

 研究グループは、2018年4月~20年6月に日本、韓国、台湾の早期RA患者300人にMTX治療(週13.2ミリグラム)を24週行い、効果が不十分な134人にTNF阻害薬「アダリムマブ」を追加。その際、MTXを同量で続けるグループと半分に減量するグループ(週7.6ミリグラム)で、24週後の治療目標達成率を比べた。

 その結果、達成率は同量38%、減量44%と有効性に差はなかった。一方、有害事象は同量(35%)に比べ、減量(20%)の方が少なかった。(メディカルトリビューン=時事)

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  抗リウマチ薬、半減しても有効―併用治療の投与量