メニューを開く 検索

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  職場での差別、高血圧に関連

疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」一覧

職場での差別、高血圧に関連

 2023年12月11日 12:00

イメージ画像

© Adobe Stock ※画像はイメージです

 職場で差別を受ける頻度が多い人は、高血圧と診断されるリスクが高いと、米国の研究グループが発表した。

 これまでの研究では、差別的な扱いによる社会心理的なストレスは、高血圧や脳卒中などのリスクに関連する可能性が指摘されていた。研究グループは、米国の中高年を対象とした研究の参加者で、もともと高血圧であると自己申告した人を除いた1246人を平均約8年間追跡し、職場での被差別の経験と高血圧との関連を調べた。

 「他の人がやりたがらない仕事を与えられていると感じる」「同僚や上司から人種や性的な中傷または冗談を言われる」など6項目の質問への回答とその頻度で判定した。

 解析の結果、319人が高血圧と診断され、差別的な扱いを受けた頻度が少ない人に比べ、多い人では高血圧の発症リスクが1.54倍高かった。(メディカルトリビューン=時事)

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  職場での差別、高血圧に関連