メニューを開く 検索

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  熱中症リスク予測アプリを開発

疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」一覧

熱中症リスク予測アプリを開発

 2024年02月13日 10:00

イメージ画像

© Adobe Stock ※画像はイメージです

 環境条件や活動内容などに基づいて深部体温を予測し、個別に熱中症リスクを予測して予防につなげるスマートフォン用アプリ「Heat―Health」を開発したと、大阪公立大大学院などの研究グループが発表した。

 熱中症予防策として熱中症警戒アラートなどの情報発信が行われているが、人によって環境条件などは異なり、個別にリスクを把握するのは難しい。

 研究グループは、気温、湿度、風速などの環境条件、身体活動や身長・体重などの情報、服装といったデータに基づき深部体温を予測し、水分補給や休息など熱中症を予防する行動を促すアプリを開発。37人の健康な人に使ってもらい、アプリの精度を検証した。

 その結果、暑熱による障害が起きやすくなる深部体温38度以上の人は92.9%、38度未満は90.0%の精度で予測できた。(メディカルトリビューン=時事)

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  疾患・健康ニュース「あなたの健康百科」 »  熱中症リスク予測アプリを開発