メニューを開く 検索を開く ログイン

DES留置後の抗血小板薬2剤併用療法,至適期間は?

米専門家が解説

 2015年08月27日 20:00
プッシュ通知を受取る

 薬剤溶出ステント(DES)による経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後は,血栓予防のためにアスピリンとチエノピリジン系薬による抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)が標準的に行われている。しかし,その至適期間は確立していないのが現状である。米・Mount Sinai HospitalのRoxana Mehran氏は第24回日本心血管インターベンション治療学会(7月30日〜8月1日,会長=久留米大学病院循環器病センター教授・上野高史氏)で講演を行い,患者ごとに出血リスクと虚血リスクを慎重に評価し,DAPT期間を決定する重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  DES留置後の抗血小板薬2剤併用療法,至適期間は?

error in template: found but mtif was expected