メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

中国主張の"Traditional Chinese Medicine"が専門委員会の名称に,日本の対策は

 2015年08月28日 18:15
プッシュ通知を受取る

 国際標準化機構(ISO)の東アジア伝統医学に関する専門委員会(ISO/TC249)の第6回全体会議が今年(2015年)6月1〜4日に北京で開催され,同委員会の正式名称が中国の主張していた"Traditional Chinese Medicine"(TCM)に事実上決定した(関連記事)。これを受け,日本薬科大学薬学部漢方薬学分野の新井一郎氏は,第32回和漢医薬学会学術大会(8月22〜23日,大会長=富山大学大学院医学研究部ウイルス学教授・白木公康氏)で「今後の日本の対策として,日本の伝統医学と中国医学とを統合して完全に1つの標準にするのではなく,お互いの違いを認めつつ,適切な対応を取ることが重要。日本国民のためにできることを考え,行動する必要がある」と述べた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  中国主張の"Traditional Chinese Medicine"が専門委員会の名称に,日本の対策は