メニューを開く 検索を開く ログイン

死亡時CT読影では死後変化と蘇生処置後変化の考慮を

同一海難事故による2症例の検討から

 2015年09月01日 21:22
プッシュ通知を受取る

 死亡時CTの読影では,死後変化,蘇生処置後変化を考慮する必要がある。亀田メディカルセンター(千葉県鴨川市)救命救急科部長の伊藤憲佐氏は,同一海難事故による2例の読影を行った経験から得た知見を第13回オートプシー・イメージング学会学術総会(8月22日,大会長=慶應義塾大学法医学教室准教授・飯野守男氏)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  死亡時CT読影では死後変化と蘇生処置後変化の考慮を