メニューを開く 検索を開く ログイン

進行期パーキンソン病に還元型CoQ10が有効

順天堂大学・頼高朝子氏が報告

 2015年09月02日 21:32
プッシュ通知を受取る

 パーキンソン病(PD)患者ではミトコンドリア呼吸鎖複合体Iの活性が低下していることから,コエンザイムQ10(CoQ10,ユビキノン)の大規模臨床試験が実施されたが,効果は確認されなかった。今回,順天堂大学順天堂越谷病院神経内科准教授の頼高朝子氏らは,酸化型のCoQ10ではなく,還元型CoQ10(ユビキノール)の有用性を明らかにするため,ランダム化二重盲検併行群間試験を実施。レボドパを内服している進行期PD患者の症状改善に有効であったことを,Parkinsonism Relat Disord2015; 21: 911-916)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  進行期パーキンソン病に還元型CoQ10が有効

error in template: found but mtif was expected