メニューを開く 検索 ログイン

進行期パーキンソン病に還元型CoQ10が有効

順天堂大学・頼高朝子氏が報告

2015年09月02日 21:32

 パーキンソン病(PD)患者ではミトコンドリア呼吸鎖複合体Iの活性が低下していることから,コエンザイムQ10(CoQ10,ユビキノン)の大規模臨床試験が実施されたが,効果は確認されなかった。今回,順天堂大学順天堂越谷病院神経内科准教授の頼高朝子氏らは,酸化型のCoQ10ではなく,還元型CoQ10(ユビキノール)の有用性を明らかにするため,ランダム化二重盲検併行群間試験を実施。レボドパを内服している進行期PD患者の症状改善に有効であったことを,Parkinsonism Relat Disord2015; 21: 911-916)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  進行期パーキンソン病に還元型CoQ10が有効

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで