メニューを開く 検索 ログイン

アイス・バケツ・チャレンジから1年,ALS治療のこれから

徳島大学神経内科・梶龍兒氏に聞く

2015年09月03日 16:27

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するアイス・バケツ・チャレンジ(IBC)が,インターネット上を席巻した昨年の夏から1年がたった。氷水をかぶる著名人たちの動画はパフォーマンスにすぎないとの批判もあったが,日本では3,755万680円の寄付金を集め(2014年11月末時点,日本ALS協会発表),「ALSに関心を持ってもらえたことが何よりうれしい」と患者側の評価も高い。治療面にも変化が生じている。ALSに適応を持つ薬剤は長らく1剤のみであったが,エダラボンが適応追加され,高用量メコバラミン製剤の新薬承認申請がなされるなど,治療選択肢が確実に増えつつある。このようにALSを取り巻く状況が大きく変化しつつある中で,ALS治療はどのように進んでいくのか。「筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン2013」作成委員会副委員長である徳島大学大学院神経内科教授の梶龍兒氏に聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  アイス・バケツ・チャレンジから1年,ALS治療のこれから

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで