メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

GL導入で子宮頸がん治療はどう変わったか

治療動向の変化を検討

 2015年09月03日 11:03
プッシュ通知を受取る

 日本婦人科腫瘍学会の子宮頸癌治療ガイドライン(以下,GL)委員会では,日本産科婦人科学会(JSOG)婦人科腫瘍委員会登録事業の登録データを用いてGLの検証を行っている。東海大学産婦人科の三上幹男教授のグループは, 2007年度版GL導入前後での治療動向の変化を検討した結果,初回治療ではGL導入により国際産科婦人科連合(FIGO)のステージ分類Ⅲ期の治療成績が向上している一方,術後治療でGLでは有用性は不明としている化学療法施行の頻度が増加していたと第57回同学会学術講演会(8月6~7日,会長=岩手医科大学産婦人科学講座主任教授・杉山徹氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  GL導入で子宮頸がん治療はどう変わったか