メニューを開く 検索を開く ログイン

褥瘡予防・管理GL,新たなエビデンスにより推奨度・推奨文を修正

 2015年09月04日 13:55
プッシュ通知を受取る

 日本褥瘡学会が今年(2015年)10月に発行する「褥瘡予防・管理ガイドライン第4版」では,新たなエビデンスに基づき推奨文,推奨度,解説に修正が加えられる。その概略,変更点などについてガイドライン改訂委員代表者で聖マリアンナ医科大学皮膚科准教授の門野岳史氏らが第17回日本褥瘡学会学術集会(8月28~29日,会長=東北大学大学院形成外科教授・館正弘氏)のガイドラインシンポジウムで報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  褥瘡予防・管理GL,新たなエビデンスにより推奨度・推奨文を修正