メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

褥瘡予防・管理GL,新たなエビデンスにより推奨度・推奨文を修正

 2015年09月04日 13:55
プッシュ通知を受取る

 日本褥瘡学会が今年(2015年)10月に発行する「褥瘡予防・管理ガイドライン第4版」では,新たなエビデンスに基づき推奨文,推奨度,解説に修正が加えられる。その概略,変更点などについてガイドライン改訂委員代表者で聖マリアンナ医科大学皮膚科准教授の門野岳史氏らが第17回日本褥瘡学会学術集会(8月28~29日,会長=東北大学大学院形成外科教授・館正弘氏)のガイドラインシンポジウムで報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  褥瘡予防・管理GL,新たなエビデンスにより推奨度・推奨文を修正