メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 臨床医学へ戻る

院外心停止例へのCPRは何分続けるべきか

日本の救急医がESCで報告,住民ベース観察研究

臨床医学 | 2015.09.08 14:33

 救急隊員や医師にとって,心肺蘇生(CPR)をいつ中止すべきかの判断は極めて難しいものだ。CPRは何分間継続すれば最善の生存率と神経学的転帰につながるのか―。これを明らかにするために,金沢大学病院救急部長で病院臨床教授の後藤由和氏らが実施した住民ベースの観察研究の結果が欧州心臓病学会(ESC Congress 2015;8月29日〜9月2日,ロンドン)で報告された。結果概要と同氏のコメントを紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2015年 >  臨床医学 >  院外心停止例へのCPRは何分続けるべきか