メニューを開く 検索を開く ログイン

早期子宮頸がん治療の有害事象,手術療法群では下肢浮腫が特徴的

 2015年09月09日 16:12
プッシュ通知を受取る

 早期子宮頸がんは,治療法により患者のQOLに違いが生じるといわれるが,これまでに十分な検討は行われていない。福山医療センター(広島県)放射線治療科医長の兼安祐子氏は,日本放射線腫瘍学会(JASTRO)課題研究班と日本医学放射線腫瘍学会研究グループ(JROSG)婦人科腫瘍委員会の合同研究である「子宮頸癌治療後のQOLに関する多施設共同研究」の最終報告を行い,放射線療法(RT)と根治的手術療法(広汎子宮全摘術±術後RT,以下OP)で有害事象を比較したところ,後者では主治医評価による下肢浮腫が高率で, 患者評価ではOP群のうち術後RT施行例でその程度も高度であったと第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(8月6~7日,会長=岩手医科大学産婦人科学講座主任教授・杉山徹氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  早期子宮頸がん治療の有害事象,手術療法群では下肢浮腫が特徴的

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06024237 有効期限:6月末まで