メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  NVAF患者に対するNOACの出血リスク比較成績が発表

NVAF患者に対するNOACの出血リスク比較成績が発表

米国内データベースを用いた2つの研究

 2015年09月11日 10:39

 現在,抗トロンビン薬のダビガトラン,第Ⅹa因子阻害薬のリバーロキサバン,アピキサバン,エドキサバンと4剤の非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)が登場しているが,それぞれの有効性や安全性に差が認められるのかは臨床上重要な関心事となっている。英・University of BirminghamのGregory YH. Lip氏らは,米国内の医療データベースを用いた検討により,非弁膜症性心房細動(NVAF)患者に対するNOAC療法開始後の大出血や臨床的に意味のある非大出血(CRNM)の発現はダビガトラン,リバーロキサバン,アピキサバンの3剤の中でリバーロキサバンで高頻度であったこと,また,米・Ochsner Clinic FoundationのSteve Deitelzweig氏らは,別の米国内データベースを用いた検討により,大出血や入院のリスクはこの3剤の中でアピキサバンで最も低く,医療コストの面でも有利であったことを,それぞれ欧州心臓病学会(ESC Congress 2015;8月29日~9月2日,ロンドン)で報告した。最も新しいエドキサバンについてはFDAの承認から間がないため,両氏らのデータベースによる検討には含まれなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  NVAF患者に対するNOACの出血リスク比較成績が発表

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10024516 有効期限:10月末まで