メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  2型糖尿病患者の自己管理システム,RCTで有効性を確認

2型糖尿病患者の自己管理システム,RCTで有効性を確認

HbA1c値が有意に低下

 2015年09月14日 07:30
プッシュ通知を受取る

 情報通信技術(ICT)を用いたさまざまな糖尿病自己管理ツールが患者に利用されているが,それらの医学的効果は明らかでない。東京大学大学院健康空間情報学講座(同大学とNTTドコモによる社会連携講座)・同大学病院糖尿病・代謝内科特任准教授の脇嘉代氏らは,ICT機器利用によるHbA1c値の改善効果をランダム化比較試験(RCT)によって初めて明らかにした。東京都で開かれた第15回日本糖尿病情報学会(2015年8月29~30日,会長=東京女子医科大学東医療センター内科部長/教授・佐倉宏氏)のシンポジウム「ICT医療の糖尿病診療への応用」での報告。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  2型糖尿病患者の自己管理システム,RCTで有効性を確認

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外