メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  羊膜移植で眼疾患患者を救うために必ずクリアすべきこととは?

羊膜移植で眼疾患患者を救うために必ずクリアすべきこととは?

第14回日本組織移植学会

 2015年09月15日 13:35
プッシュ通知を受取る

 難治性眼表面疾患に対し,2003年から高度先進医療として行われてきた羊膜移植。2014年4月に保険収載されたのを受け,羊膜移植施行に必要な手続きなどの周知徹底が図られている。第14回日本組織移植学会総会・学術集会(8月29日,会長=大阪府立中河内救命救急センター所長・塩野茂氏)の特別演題「羊膜バンク認定に向けて」では,羊膜移植普及に向けた羊膜バンク認定のポイントなどが紹介された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  羊膜移植で眼疾患患者を救うために必ずクリアすべきこととは?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07030544 有効期限:7月末まで