メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  性交経験率の誤報に対する童貞の反応で草食化をますます確信

性交経験率の誤報に対する童貞の反応で草食化をますます確信

日本家族計画協会が考察

2015年09月16日 10:00

1名の医師が参考になったと回答 

 今年(2015)1月,日本家族計画協会が公表した調査結果「性交経験率が50%を超える男性の年齢は29歳」は多くのメディアで報じられ,若年男性の草食化が嘆かれた。しかしそれは集計ミスによるものであると判明し,同調査は世間の注目を再び集める事態となった(関連記事)。データの訂正により初交年齢が下がったことで男性ネットユーザーの中に湧いた怒りや絶望を観察した日本家族計画協会家族計画研究センター部長の杉村由香理氏は,「最初のデータ公表時から確信していた男性の草食化を,誤報訂正を機にますます強く確信した」と第34回日本思春期学会総会・学術集会(8月29〜30日,会長=滋賀医科大学地域周産期医療学講座特任教授・高橋健太郎氏)で述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  性交経験率の誤報に対する童貞の反応で草食化をますます確信