メニューを開く 検索を開く ログイン

乾癬性関節炎治療の第一歩は"関節破壊の抑制"

診診連携で早期介入へ

 2015年09月16日 15:14
プッシュ通知を受取る

 乾癬に合併する乾癬性関節炎(PsA)は,早期に介入しないと不可逆的な関節破壊を来す。大阪市立大学大学院整形外科学教室准教授の乾健太郎氏は,PsA診療の窓口となる皮膚科とリウマチ科,整形外科などの診診連携による早期介入が必要であることを,第30回日本乾癬学会学術大会(9月 4~5日,会長=名古屋市立大学大学院加齢/環境皮膚科学教授・森田明理氏)のシンポジウム「PsAとその周囲の疾患(JS,JIAを中心に)」で強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  乾癬性関節炎治療の第一歩は"関節破壊の抑制"