メニューを開く 検索を開く ログイン

岩手の高校生,男女交際を望まない生徒が増加

岩手県の高校生の生と性に関する調査報告

 2015年09月17日 15:07
プッシュ通知を受取る

 青少年の性に対する考え方や性行動は時代を反映して変化する。適切な性教育を行うためには,その実態の把握や分析が重要となる。いわて思春期研究会のメンバーらは「岩手県の高校生の生と性に関する調査」の結果を第34回日本思春期学会総会・学術集会(8月29〜30日,会長=滋賀医科大学地域周産期医療学講座特任教授・高橋健太郎氏)で報告。岩手県の高校生の間でも"草食化"が見られる半面,性交経験の低年齢化やデートDVを示唆する性行動があることも分かった。また,セクシュアルマイノリティー(性的少数者)の実態も明らかにされた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  岩手の高校生,男女交際を望まない生徒が増加