メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も

エンパグリフロジンのEMPA-REG OUTCOME試験,EASD 2015で発表

 2015年09月18日 17:05
プッシュ通知を受取る

 標準治療にSGLT2阻害薬のエンパグリフロジンを上乗せすることで,2型糖尿病患者の心血管イベントのリスクが有意に低下したとするEMPA-REG OUTCOME試験の結果が第51回欧州糖尿病学会(EASD 2015:9月14~18日,ストックホルム)で報告された。この数年にDPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬による心血管への影響を検証した臨床試験の結果が相次いで報告され,これらの安全性については確認されていたが,プラセボと比べた優越性は示されていなかった。今回の試験では,エンパグリフロジンが主要評価項目の心血管イベントだけでなく,全死亡リスクを32%,心血管死リスクを38%低下させることなども示された。詳細はN Engl J Med2015年9月17日オンライン版)にも掲載された。なお,同試験の詳細な結果を含む山田悟氏による解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も