メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も

糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も

エンパグリフロジンのEMPA-REG OUTCOME試験,EASD 2015で発表

 2015年09月18日 17:05

 標準治療にSGLT2阻害薬のエンパグリフロジンを上乗せすることで,2型糖尿病患者の心血管イベントのリスクが有意に低下したとするEMPA-REG OUTCOME試験の結果が第51回欧州糖尿病学会(EASD 2015:9月14~18日,ストックホルム)で報告された。この数年にDPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬による心血管への影響を検証した臨床試験の結果が相次いで報告され,これらの安全性については確認されていたが,プラセボと比べた優越性は示されていなかった。今回の試験では,エンパグリフロジンが主要評価項目の心血管イベントだけでなく,全死亡リスクを32%,心血管死リスクを38%低下させることなども示された。詳細はN Engl J Med2015年9月17日オンライン版)にも掲載された。なお,同試験の詳細な結果を含む山田悟氏による解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037401 有効期限:10月末まで