メニューを開く 検索 ログイン

究極の胸部外科手術,単孔式胸腔鏡手術の普及へ向け第1回WS

2015年09月19日 12:00

 胸腔鏡手術が臨床導入されて約25年。より一層の低侵襲化を模索する流れの中で、究極の胸部外科手術とも言える単孔式胸腔鏡手術(SITS)が南欧や東アジアの一部で注目されている。9月13日,この術式を日本でも普及させるべく,東京都で第1回単孔式胸腔鏡手術ワークショップ(プログラム委員代表=東京慈恵会医科大学呼吸器外科教授・森川利昭氏)が開かれ,関心を持つ呼吸器外科医が全国から参集した。討議を通じて,普及のための鍵として定義、エビデンス,教育などが浮上した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  究極の胸部外科手術,単孔式胸腔鏡手術の普及へ向け第1回WS

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD037411 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外