メニューを開く 検索を開く ログイン

アルツハイマー病治療薬ドネペジルが骨粗鬆症治療に有用か

埼玉医大・佐藤毅氏

 2015年09月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

アルツハイマー病患者の骨折頻度が高いなか,治療薬のアセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害薬ドネペジル(DPZ)は骨折リスクを低下させることが指摘されている。埼玉医科大学口腔外科准教授の佐藤毅氏は,動物実験でDPZのAChE阻害作用が破骨細胞の形成能阻止に関わるとの検討結果を,第33回日本骨代謝学会学術集会(7月23〜25日,会長=松本歯科大学総合歯科医学研究所所長・高橋直之氏)で報告した。なお,同氏の報告はHeliyon9月21日オンライン版に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナで各種イベントが中止

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  アルツハイマー病治療薬ドネペジルが骨粗鬆症治療に有用か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02030534 有効期限:2月末まで