メニューを開く 検索 ログイン

活性型ビタミンD3製剤,レチノイド内服との併用を推奨

乾癬に対する光線療法GL案

2015年09月24日 15:56

 現在,策定が進行中の光線療法のガイドライン(GL)について,光線療法との併用が行うよう勧められるのは活性型ビタミンD3製剤外用薬,レチノイド内服(PUVA療法との併用のみ)となることが,第30回日本乾癬学会学術大会(9月4~5日,会長=名古屋市立大学大学院加齢/環境皮膚科学教授・森田明理氏)の教育講演1「光線療法のガイドライン」で示された。策定に携わった地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター皮膚科診療部長の鳥居秀嗣氏が明らかにした。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  活性型ビタミンD3製剤,レチノイド内服との併用を推奨