メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  心不全へのASV使用,"中枢性睡眠時無呼吸には慎重に"

心不全へのASV使用,"中枢性睡眠時無呼吸には慎重に"

 2015年09月24日 16:21
プッシュ通知を受取る

 中枢性睡眠時無呼吸を伴うチェーンストークス呼吸(CSR-CSA)を合併する慢性心不全(CHF)患者において,予後改善効果が期待されていたAdaptive servo ventilation(ASV)。しかし,ASV使用により死亡リスクが上昇したとする第Ⅳ相試験SERVE-HFの最終解析結果が報告された(関連記事)。これを受け,順天堂大学大学院心血管睡眠呼吸医学講座准教授の葛西隆敏氏は,同試験の不完全さを指摘し結論付けるのは時期尚早としたが,中枢性睡眠時無呼吸には慎重な対応が求められると,第63回日本心臓病学会学術集会(9月18~20日,会長=東京医科大学循環器内科学分野主任教授・山科章氏)の緊急パネルディスカッション「ASV適正使用のステートメント」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  心不全へのASV使用,"中枢性睡眠時無呼吸には慎重に"

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037424 有効期限:7月末まで