メニューを開く 検索 ログイン

学童の投球障害発生率が40%低下ー身体機能改善プログラムYKB-9

第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

2015年09月25日 16:30

 学童野球投手の4人に1人が肘痛を有すると言われ,学童期からの投球障害予防が重要とされているが,予防プログラムの介入効果を示す報告は今のところない。第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会〔9月11〜12日,会長=京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科)教授・久保俊一氏〕において,横浜市スポーツ医科学センターリハビリテーション科の坂田淳氏は,同氏らが作成した投球障害予防のための身体機能改善プログラムYokohama Baseball-9(通称YKB-9)の介入効果を報告,YKB-9の実施により学童野球選手の投球障害発生率が40%低下したと述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  学童の投球障害発生率が40%低下ー身体機能改善プログラムYKB-9