メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  学童の投球障害発生率が40%低下ー身体機能改善プログラムYKB-9

学童の投球障害発生率が40%低下ー身体機能改善プログラムYKB-9

第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

 2015年09月25日 16:30
プッシュ通知を受取る

 学童野球投手の4人に1人が肘痛を有すると言われ,学童期からの投球障害予防が重要とされているが,予防プログラムの介入効果を示す報告は今のところない。第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会〔9月11〜12日,会長=京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科)教授・久保俊一氏〕において,横浜市スポーツ医科学センターリハビリテーション科の坂田淳氏は,同氏らが作成した投球障害予防のための身体機能改善プログラムYokohama Baseball-9(通称YKB-9)の介入効果を報告,YKB-9の実施により学童野球選手の投球障害発生率が40%低下したと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  学童の投球障害発生率が40%低下ー身体機能改善プログラムYKB-9

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08037382 有効期限:8月末まで