メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  医療の現場レポート »  被災した傷病者はあと3分で死亡,研修医は救えるのか

被災した傷病者はあと3分で死亡,研修医は救えるのか

東京都立広尾病院で災害実践研修

 2015年09月29日 10:00

 大規模災害をはじめとした緊急事態では,医療資源が十分でなく,搬送が困難な状況に陥った中でも,1人でも多くの傷病者を救うための臨床的能力が求められる。そこで,東京都は,シニアレジデントを対象とした災害実践研修(東京都医師アカデミー災害dedicatedコース)を9月19日に都立広尾病院で開催。外傷例への初期救急対応において機器を用いた実習,放射能被害に関する講義などの他,野外救護所に運ばれてきた傷病者に対し,適切な診断や処置ができなければ3分で死亡してしまうケースシナリオが設定され,客観的臨床能力評価(OSCE)に関する試験が行われた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  医療の現場レポート »  被災した傷病者はあと3分で死亡,研修医は救えるのか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037443 有効期限:10月末まで