メニューを開く 検索を開く ログイン

肉離れの予防が陸上競技界の懸案課題

第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

 2015年09月29日 13:16
プッシュ通知を受取る

 陸上競技の走種目には,100〜400mの短距離走,800mや1,500mの中距離走,5,000m超からフルマラソンなどの長距離走がある。疾走距離によって速度や動作時間,負荷の度合いが異なるため,ランニング障害の発生状況にも相違があると考えられる。第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会〔9月11〜12日,会長=京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科)教授・久保俊一氏〕において,早稲田大学スポーツ科学学術院准教授の鳥居俊氏は,走種目に発生するランニング障害を種目別に検討。肉離れの予防が陸上競技界の懸案課題であると語った。


…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  肉離れの予防が陸上競技界の懸案課題