メニューを開く 検索を開く ログイン

末田章三氏がアセチルコリン負荷試験のこつを伝授

第63回日本心臓病学会

 2015年09月30日 17:52
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 愛媛県立新居浜病院副院長・同院循環器科部長の末田章三氏は,冠攣縮性狭心症の診断技術能の向上に向け,わが国で開発されたアセチルコリン(ACh)負荷試験を行う際の大要として,感受性が低いケースも認めるため投与量の見直が必要,可能であればエルゴノビン(ER)も投与することなどを挙げた。第63回日本心臓病学会学術集会(9月18~20日,会長=東京医科大学循環器内科学分野主任教授・山科章氏)での報告。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  末田章三氏がアセチルコリン負荷試験のこつを伝授

error in template: found but mtif was expected