メニューを開く 検索を開く ログイン

心不全患者の不整脈管理に指針

欧州不整脈学会/心不全学会

 2015年09月30日 15:00
プッシュ通知を受取る

 欧州心臓病学会(ESC)傘下の欧州不整脈学会(EHRA)と心不全学会(HFA)が8月に心不全患者の不整脈管理に関する合意文書(consensus document)をEuropaceHeart Failure (いずれも2015年8月21日オンライン版)で公表した。近年,心機能のモニタリングや心臓再同期療法(CRT)などのデバイスにおける技術革新を背景に,心不全患者の不整脈管理は大きく改善されつつある。両学会のタスクフォースは,こうした新たな技術に関する最新知見を含む,心不全患者の心房細動や心室性不整脈の疫学,診断,管理のエビデンスについてシステマチックレビューを実施し,今回の文書をまとめた。今回示された推奨内容の概要とともに,合意文書の査読を担当した北海道大学循環病態内科学教授の筒井裕之氏による解説を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  心不全患者の不整脈管理に指針