メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  若手心臓外科医受難の時代に光明

若手心臓外科医受難の時代に光明

OPCAB吻合トレーニングで本番へ

 2015年10月01日 11:30
プッシュ通知を受取る

 心臓外科の中でも高度な技術が求められるのが心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)だ。しかしわが国でも医療訴訟の増加などを背景に,OPCABについてもより高い成功率が求められている。外科医の減少が報じられる中,せっかく外科に進んでも若手医師がOPCABを経験する機会は極めて少ない。そのような問題に応えるべく,シミュレーションモデルを用いたOPCAB吻合トレーニング「第5回早稲田心臓外科塾」が9月12日に東京都で開かれた。高度な技術をサポートするシュミレーションモデルとは...。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  若手心臓外科医受難の時代に光明

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037453 有効期限:12月末まで