メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  放射線白内障の初期病変? 被曝4年目で有所見率増加か

放射線白内障の初期病変? 被曝4年目で有所見率増加か

東電福島第一原発緊急作業従事者の水晶体撮影

 2015年10月01日 09:30
プッシュ通知を受取る

 東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故で緊急作業に従事した作業員510人1,020眼に対する被曝後4年目の水晶体撮影で,放射線白内障に特徴的な後嚢下白内障の初期病変である可能性のある所見が5.6%に認められ,対象者は異なるが3年目よりやや増加している可能性のあることが分かった。金沢医科大学眼科学の初坂奈津子氏らが,9月18~20日に開催された第54回日本白内障学会総会(会長=いさな会中京眼科視覚研究所所長・市川一夫氏)・第41回水晶体研究会(会長=藤田保健衛生大学共同利用研究施設分子生物学准教授・山本直樹氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  放射線白内障の初期病変? 被曝4年目で有所見率増加か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09037478 有効期限:9月末まで