メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  HIV陽性例,CD4数にかかわらず速やかな治療を推奨

HIV陽性例,CD4数にかかわらず速やかな治療を推奨

WHOがGL改訂

 2015年10月01日 19:37
プッシュ通知を受取る

 世界保健機関(WHO)は9月30日,HIV感染症の治療と予防に関する改訂ガイドライン(GL)の一部を先行発表した。小児から成人を含む全ての人におけるHIV感染症の治療を「免疫状態(CD4陽性細胞数)にかかわらず,陽性の診断から可及的速やかに開始する」との新たな勧告を示した。同GLのターゲットは各国のHIV対策プログラムの責任者ならびにガイドライン整備に関わる関係者など。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  HIV陽性例,CD4数にかかわらず速やかな治療を推奨

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037494 有効期限:12月末まで