メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  第56回日本肺癌学会会長・弦間昭彦氏が見つめる"未来への架け橋"

第56回日本肺癌学会会長・弦間昭彦氏が見つめる"未来への架け橋"

特別メッセージ企画,体験型シンポジウムなど多彩なプログラムを用意

 2015年10月02日 07:00
プッシュ通知を受取る

 抗PD-1抗体をはじめとした免疫チェックポイント阻害薬の開発や,遺伝子解析に基づく個別化治療の発展など,肺がんの研究,診療は目覚ましいスピードで進歩している。こうした中,わが国が世界をリードする成果を挙げ続けるためには,次代を担う研究者,医師のさらなる活躍が求められる。11月26~28日,パシフィコ横浜で開催される第56回日本肺癌学会学術集会のメインテーマは「Bridge for Making History-伝統を受け継ぎ未来へつなぐ-」。会長を務める弦間昭彦氏(日本医科大学学長)によると,今後が期待される研究者,医師の心に火を付けるべく,従来にない企画を多数用意したという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  第56回日本肺癌学会会長・弦間昭彦氏が見つめる"未来への架け橋"

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037492 有効期限:6月末まで