メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

震災後の心エコー有所見者が毎年増加

仮設住宅の被災者への検診結果から

 2015年10月05日 15:00
プッシュ通知を受取る

顔

 東日本大震災の津波被災地住民を対象に発災翌年から3年間実施した心エコー検診で有所見者の割合が有意に増加していることが分かったとして,富山赤十字病院検査部生理機能検査課の大西秀典氏が,第18回日本栓子検出と治療学会(9月25〜26日,会長=獨協医科大学病院副院長,獨協医科大学神経内科教授・平田幸一氏)で発表した。同学会レポート一覧はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  震災後の心エコー有所見者が毎年増加

error in template: found but mtif was expected