メニューを開く 検索を開く ログイン

妊娠中のがん治療による胎児への悪影響認められず

欧州4カ国の多施設共同・前向き症例対照研究

 2015年10月05日 17:00
プッシュ通知を受取る

 妊娠中にがんと診断された女性から出生した小児の1歳半および3歳時における認知発達や身体的な健康アウトカムは,がんでない女性から出生した小児と同等であることが,ベルギー・Katholieke Universiteit LeuvenのFrédéric Amant氏らInternational Network on Cancer, Infertility, and Pregnancy (INCIP)による多施設共同・症例対照研究から明らかにされた。妊娠中の化学療法や放射線治療による胎児への悪影響も認められなかった。結果を報告した同氏は「がん治療による影響への不安は人工妊娠中絶の理由にはならないこと,妊娠中にも化学療法は実施可能であり,治療を遅らせるべきではないことが示された」との見解を示した。詳細は第18回欧州がん学会(ECCO)/第40回欧州臨床腫瘍学会(ESMO,9月25~29日,ウィーン)で報告された他,N Engl J Med(2015年9月28日オンライン版)にも掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  妊娠中のがん治療による胎児への悪影響認められず