メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  TAVI施行例の50%超で2週間以内に新規脳梗塞巣

TAVI施行例の50%超で2週間以内に新規脳梗塞巣

症候性の症例はなく,病巣は全て微小塞栓

 2015年10月06日 15:00
プッシュ通知を受取る

顔写真

 経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)施行後2週間以内の頭部MRI(DWI)施行例の50%以上で新規の脳梗塞巣が認められたとして,済生会横浜市東部病院脳血管・神経内科医長の丸山淳子氏が第18回日本栓子検出と治療学会(9月25〜26日,会長=獨協医科大学病院副院長,獨協医科大学神経内科教授・平田幸一氏)で発表した。脳塞栓症例はいずれも症候性ではなく,病巣は全て微小梗塞であり,複数・多血管支配領域に及んでいたという。同学会レポート一覧はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  TAVI施行例の50%超で2週間以内に新規脳梗塞巣

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037506 有効期限:11月末まで