メニューを開く 検索を開く ログイン

わが国でもE型肝炎ウイルスが移植後肝障害の原因に/全国調査結果

 2015年10月06日 17:52
プッシュ通知を受取る

 欧州諸国を中心に散見されるE型肝炎ウイルス(HEV)感染による慢性肝炎が,わが国でも移植後肝障害の原因となることが全国調査の結果から明らかとなった。全国の腎移植施設を対象としたHEV感染に関する調査を行っている筑波大学消化器外科・臓器移植学分野(教授・大河内信弘氏)の大和田洋平氏が第51回日本移植学会総会(10月1~3日,会長=熊本大学小児外科・移植外科教授・猪股裕紀洋氏)の臓器横断的シンポジウム「移植医療におけるHCV治療up-to-date」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者2ケタ続く東京。どうすればいい?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  わが国でもE型肝炎ウイルスが移植後肝障害の原因に/全国調査結果

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06037532 有効期限:6月末まで