メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  再狭窄率7.7%は「DESと同等」

再狭窄率7.7%は「DESと同等」

可能な限りステントを使わない“Stentless PCI”で

 2015年10月07日 13:00
プッシュ通知を受取る

顔写真

獨協医科大学心臓・血管内科教授の井上晃男氏らは,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)において「可能な限り薬剤溶出ステント(DES)を使わず,ステントそのものも必要最低限とするアプローチ」である"Stentless PCI"を実践しているとして,第18回日本栓子検出と治療学会(9月25〜26日,会長=獨協医科大学病院副院長,獨協医科大学神経内科教授・平田幸一氏)でデータを報告。再狭窄率については7.7%で「DES並み」と述べた。同学会レポート一覧はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  再狭窄率7.7%は「DESと同等」

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037510 有効期限:12月末まで