メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  医師への「ある質問」ががん患者の終末期の判定に有用?

医師への「ある質問」ががん患者の終末期の判定に有用?

ASCO関連シンポで発表

 2015年10月07日 15:30
プッシュ通知を受取る

 一昔前と違い,がんの告知は一般の人にとっても当たり前の時代。しかし,末期を迎えつつある患者と終末期の診療方針を検討したり,話し合ったりすることは,医療関係者にとって未だ容易ではない。一方,「すべての病期において正確な診断を行い,患者に必要なケアや診療方針を検討することも医療者の重要な役割」との考えを示すのは米・Dana-Farber Cancer InstituteのJudith B. Vick氏ら。医療者への「ある質問」による,がん患者の終末期の予測能を検討,米国臨床腫瘍学会(ASCO)の関連シンポジウムPalliative Care in Oncology Symposium(10月9~10日,米ボストン)で中間成績を報告する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

好物の魚は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  医師への「ある質問」ががん患者の終末期の判定に有用?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037544 有効期限:10月末まで