メニューを開く 検索を開く ログイン

適切なワクチンプラクティスが臓器移植患者の感染症対策に重要

 2015年10月07日 16:52
プッシュ通知を受取る

 臓器移植患者では感染症対策としてワクチン接種が重要であり,総論,ワクチン,ワクチンにより予防可能な疾患(VPD)について理解した上で,適切なワクチンプラクティスが必要である。県立広島病院小児腎臓科主任部長の大田敏之氏が第51回日本移植学会総会(10月1~3日,会長=熊本大学小児外科・移植外科教授・猪股裕紀洋氏)の臓器横断的ワークショップ「臓器移植とワクチン」で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者2ケタ続く東京。どうすればいい?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  適切なワクチンプラクティスが臓器移植患者の感染症対策に重要

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06037545 有効期限:6月末まで