メニューを開く 検索を開く ログイン

スギ・ヒノキ花粉の飛散量が今後も増加し続ける地域は?

NPO花粉情報協会・佐橋紀男氏

 2015年10月08日 10:10
プッシュ通知を受取る

 NPO花粉情報協会は9月30日のセミナーで,来年(2016年)春における全国のスギ・ヒノキ花粉合算の飛散予測を発表。全国的に飛散する様相で,東日本は過去10年平均並みから多くなる地域が少なくないといった見解を示した(関連記事)。ただし,最近10年間の平均飛散量が大量飛散の目安となる地域が少なくない。同協会事務局長で東邦大学理学部訪問教授の佐橋紀男氏は,船橋市(千葉県),新潟市,東大阪市,福岡市の過去30年間における飛散動向を分析した結果から,最近10年間の平均飛散量が多く,今後も注意が必要な地域があることを指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  スギ・ヒノキ花粉の飛散量が今後も増加し続ける地域は?