メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  スギ・ヒノキ花粉の飛散量が今後も増加し続ける地域は?

スギ・ヒノキ花粉の飛散量が今後も増加し続ける地域は?

NPO花粉情報協会・佐橋紀男氏

 2015年10月08日 10:10
プッシュ通知を受取る

 NPO花粉情報協会は9月30日のセミナーで,来年(2016年)春における全国のスギ・ヒノキ花粉合算の飛散予測を発表。全国的に飛散する様相で,東日本は過去10年平均並みから多くなる地域が少なくないといった見解を示した(関連記事)。ただし,最近10年間の平均飛散量が大量飛散の目安となる地域が少なくない。同協会事務局長で東邦大学理学部訪問教授の佐橋紀男氏は,船橋市(千葉県),新潟市,東大阪市,福岡市の過去30年間における飛散動向を分析した結果から,最近10年間の平均飛散量が多く,今後も注意が必要な地域があることを指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ランキング

  1. 1

    リチウムは本当に自殺予防に有効か

  2. 2

    "竹富島クライシス" 地域密着の診療所が取り組む

  3. 3

    時間生物学的治療はうつ病に有効か

  4. 4

    自然気胸の再発率はどのくらいか?

  5. 5

    発がん物質混入の降圧薬のリスク

  6. 6

    高すぎるHDL-C値に潜むリスクとは

  7. 7

    若手研究者に伝えたいIgE発見秘話

  8. 8

    医学部入試、77%で合格率に男女差

  9. 9

    自己免疫性膵炎の仕組み判明、京大チーム

  10. 10

    夏休み中の子供にしてあげたいことは? (子供がいない方はいると仮定して下さい)

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    若手研究者に伝えたいIgE発見秘話

  2. 2

    真逆の新肥満理論「糖質-インスリンモデル」

  3. 3

    【岩田健太郎】PCT測る?

  4. 4

    高すぎるHDL-C値に潜むリスクとは

  5. 5

    海に潜む意外なアレルギー

  6. 6

    内科医の8割が無症候でも薬物療法

  7. 7

    酷暑の活動、補給すべきはどっち?

  8. 8

    動脈硬化GL、改訂に向けた4提案

  9. 9

    米、4割にうつ病リスクの処方薬

  10. 10

    東医大の女子減点、医学生の意見は

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  スギ・ヒノキ花粉の飛散量が今後も増加し続ける地域は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08037548 有効期限:8月末まで